八碁連支部が目指すもの

平成25年8月1日付けで八碁連の組織のひとつとして設立したのが日本棋院八碁連支部です。今後の事業の展開に日本棋院の協力が必要であるとの判断からです。今年が5年目であり、現在の会員は47名となっています。

事業として、毎年、級位認定囲碁大会を開催しています。小学生からお年寄りまでが集い、微笑ましい対局風景も数多く見受けられます。成績優秀者には日本棋院の認定状や免状を進呈しています。また、他支部との交流親睦囲碁大会を開催していますが、成績は芳しくありません。悔しいので研究会を立ち上げて勉強を初めました。日本棋院のプロ棋士による指導碁も開催しています。迫力があり、適切なアドバイスが得られることで大変好評です。延で百名近い皆様が指導を受けました。

さて、今後の展望ですが、支部会員を100名規模に持って行きたいと考えています。「言うは易く、成すは難し」です。「入会すると斯くかくのメリットがあります」と案内しても”そうですか”で終わりです。大事なことは「支部で何かやってるぞ、面白そうだな」とまず思ってもらえることだと思います。それには、何といってもいまの事業を継続し、さらに強化することは勿論ですが、新しいイベントの企画が必要です。支部活性化委員会(仮称)なるものを作り、議論したいと考えています。会員相互の情報交換をスムーズにするための方策も必要です。

誰しもが碁を楽しくやりたいし、強くなりたいと思っています。支部としてはこれに答える環境作りをする役目があります。このような活動を継続的にやっていく過程で、会員が増えて行けば、この上ないと思う次第です。支部の運営は、当支部会員となって頂くことにより、日本棋院より普及協力金としてペイバックがあり、これを資金として活動しています。

幸い平成30年度(平成29年10月〜平成30年9月)の「全国支部会員増ベスト40」の第5位にランクされました。この期間に10名の方が入会されました。ありがとうございました。ランクされたので日本棋院からは感謝とその報奨として、2名の棋士が派遣されます。支部では指導碁を計画して、皆さんに楽しんで頂こうと考えています。次年度もこのような楽しみがありますように、皆さんの入会を希望します。すでに会員の皆様にはお礼を申し上げますとともに、是非、日本棋院八碁連支部に入会して頂きますようお願い致します。 

常任幹事 南正一郎