八碁連だより10月号

八王子囲碁連盟は毎月ニューズレターを発行しています。記事満載の令和2年10月号をお読みになれます。会員や囲碁ファンの方々より多彩な投稿、例えば趣味、旅行記、囲碁川柳、囲碁なぞかけ、囲碁四文字熟語などを歓迎しています。詳細はこちらでご覧下さい。

青少年囲碁案内人連絡会研修会のお知らせ

子どもを楽しく囲碁に導くための資質と技能の向上を目指す指導者研修会を開きます。日本棋院の水間俊文八段のDVDを見ながら倉内滿先生による解説、そして参加者の指導経験を分かち合う研修といたします。子どもに囲碁を手解きするコツや勘所をつかむことができます
——————————-
日時:2020年10月5日(月) 午前9時〜12時
会場:クリエイトホール11階第6学習室
講師:倉内 滿八段
話題提供:成田 滋会長 「放課後子ども囲碁教室の開拓や運営の基本的な手筋」
参加費:無料

2021年度第4回多摩地区28市町対抗囲碁団体戦の開催

予告ですが第4回多摩地区28市町対抗囲碁団体戦が開催されます。八碁連チームは昨年度は優勝しています。

開催日時:2021年10月17日(日)
開催場所:府中市民会館 ルミエール飛鳥の間

「コロナの制約条件がありますが、閉塞感を打破すべく準備はフルスペックで対応してまいります。」
大会事務局長 笹田俊輔(府中囲碁連盟会長)

八碁連だより9月号

八王子囲碁連盟は毎月ニューズレターを発行しています。記事満載の令和2年9月号をお読みになれます。会員や囲碁ファンの方々より多彩な投稿、例えば趣味、旅行記、囲碁川柳、囲碁なぞかけ、囲碁四文字熟語などを歓迎しています。詳細はこちらでご覧ください。

【中止】第69回八王子市民文化祭囲碁大会

令和2年11月3日に予定されていた市民文化祭囲碁大会は、コロナ禍のため【中止】となりました。八王子の囲碁界で最も伝統ある大きな大会でありますが、やむを得ない事情をご理解ください。来年はもちろん再開するつもりです。再開にあたっては、このサイトで参加申し込みを受け付けます。

八碁連だより8月号

八王子囲碁連盟は毎月ニューズレターを発行しています。記事満載の令和2年8月号をお読みになれます。会員や囲碁ファンの方々より多彩な投稿、例えば趣味、旅行記、囲碁川柳、囲碁なぞかけ、囲碁四文字熟語などを歓迎しています。なお8月号はボリュームが大きいので二つに分けて掲載します。その1その2からどうぞ。

地区同好会活動が始動しました!

各同好会では感染症対策を講じて定例会を始めています。同好会長や幹事の方から寄せられてきた総会や定例会、諸教室などの近況をお伝えします。情勢によって活動は変わることがあります。詳しくはこちらからご覧ください。「明日を信じ 限りなき前進をしよう。」

我が息子「三木幸翼」との対話から

八王子囲碁将棋センターに通う中学2年生の三木幸翼(こうすけ)君について、保護者の三木大輔様がご子息にインタビューし、普段の囲碁に対する姿勢をまとめてくださいました。幸翼君の囲碁への思い入れが伝わる内容となっています。なお、幸翼君は八碁連主催の子ども囲碁大会の常連であり、2019年1月に初段となり、今は五段で打つという躍進振りです。三木様からの了解を得て掲載いたします。詳しくはこちらでご覧下さい。

放課後子ども囲碁教室が再開!

7月1日より大和田小学校での教室が再開しました。15名が集まり、そのうち新入生は5名でした。皆マスクをして手、机と碁盤の消毒を徹底しています。なお、第十小学校は7月3日、第四小学校は7月6日から始めます。その様子はこちらからどうぞ。

八王子囲碁連盟Webサイトの利用統計と分析

八碁連サイトを開始したのは2019年5月です。それ以来、今日まで様々な統計情報が保存されています。サイトの記事〔コンテンツ)は大きく二つに分かれます。第一の記事は「投稿」と呼ばれ、ホームページ掲載されるニュースや短いお知らせのことです。第二の記事は「固定ページ」と呼ばれます。読者がどのような記事を求めてやってくるかは大きな関心事です。記事を閲覧した回数や内容を中心に分析してみました。詳しくはこちらからご覧ください。

八王子から日本棋院普及活動賞受賞者が4名

日本棋院は普及活動賞を設けて、全国各地で囲碁の普及や入門者・初級者の育成に貢献した方を顕彰しています。今年は第38回目で41名の方々が表彰されました。その中で日本棋院八碁連支部と同八王子支部から晴れて4名の会員が日本棋院より表彰されました。信江 峻、廣島松治、帖地美乃里、三浦晴久氏の皆様です。八碁連における囲碁普及の貢献に敬意を表します。4名の方々の紹介とお祝いの宴の様子はこちらからどうぞ。