🌹級位者の第31回活きいき大会が終わる

熱心な級位者

活きいき大会の様子


初の級位者だけの活きいき大会を6月12日に開かれ、29名の会員が参加しました。八王子囲碁連盟には級位者会員が意外に少なく、その底上げが課題となっています。級位者の棋力の向上と親睦を目指したのが今回の集いでした。

大和田市民センターの建物は古くて小さく、駐車場も手狭なために30名規模の大会には手頃な会場です。センター職員にはお世話になりました。なお、来年度は段位者だけの大会を計画しています。

八王子囲碁連盟 会長 宮崎 洋
大和田囲碁同好会 会長 成田 滋

初心者・級位者教室においでください–大和田囲碁同好会

毎週土曜日の午前9時から、大和田市民センターにおいて初心者や級位者を対象とした教室を開いています。囲碁を初めから学ぶ市民、棋力を上げようという級位者がやってきます。指導者は八碁連副会長である池田正三六段。この教室には初級、中級、上級に分かれ、それぞれの棋力にあったドリル用紙が配られます。

池田正三六段の指導-クリックして拡大

池田氏が大盤を使って全員に布石や定石などの基本を説明したあと、13路盤も使い、傷のある箇所への手筋、死活などの練習問題に取り組みます。

教室の後半は、一対一の対局やペア碁対局を指導します。池田氏は途中で、着手を解説しよりよい着手点などを指摘します。池田六段の分かりやすい指導の評判が評判を生んで、市内各地から生徒がやってきます。一回100円という参加費もお釣りがきそうな料金です。池田六段の特技はカラオケ。そのレパートリーの広さには年齢を感じさせません。

お問い合わせ:成田 滋(大和田囲碁同好会長) shigerunarita@gmail.com 090-8574-8860

第7回 級位認定囲碁大会のご案内

Roses

日 時 令和4年7月31日 (日) 9時20分
場 所 東浅川保健福祉センター 4階


競技方法 4回ハンディ戦 Aクラス(1〜3級) Bクラス(4〜6級) Cクラス(7級以下)
表 彰  各クラス共、3勝1敗以上で1階級昇級とし、日本棋院の認定状を発行する。
但し、1級から初段へは4勝が必要。Cクラスで4勝したときは2回級昇級する。
特 典 4勝者には日本棋院の免状と賞品を進呈する。
但し、初段の免状については、本人負担とし、且つ、日本棋院への入会が必要。
参加費 1,200円 (昼食代含む) 釣銭のないようにお願いします。
申込先 南 正一郎  Eメール sminami0003@yahoo.co.jp
042-663-5446
締切 令和4年7月20日(水)  皆様の多数の参加をお待ちします。



主 催 日本棋院八王子囲碁連盟支部
共 催 八王子囲碁連盟
後 援 八王子市, (公財)日本棋院

第 4 回多摩地区市町対抗囲碁団体戦が9月24日に開催

第3回大会の表彰式

多摩地区の囲碁ファンによる2年ぶりの大会のお知らせです。「多摩地域コミュニティ交流と世代間交流」 及び 「女性の参加、子供たちの健全育成」を目的とした 多摩地区市町対抗囲碁大会(団体戦)です。各市町村から一チーム、女性、子ども、級位者を含めて11名の選手が出場し、トーナメント戦で優勝を競います。前大会では八王子チームが優勝しています。
—————————————–

・日 時: 2022 年9月24日(土) (9:00 受付開始、9:30~17:30)
・場 所:府中市市民会館「ルミエール」1F 飛鳥の間 A・B・C・D
・主催:多摩地区市対抗囲碁団体戦実行委員会
・後援:公益財団法人日本棋院、株式会社ジェイコム東京、各市町囲碁連盟/囲碁同好会
・問い合わせ:遠藤和宏氏 080-7711-9474 kazuhiro.endo.xb@gmail.com

なお、本大会は府中市囲碁連盟会長で大会事務局長であった故笹田俊輔氏らの尽力によって創設された大会です。公財東京市町村自治調査会多摩交流センターの「広域的市民ネットワーク事業支援」の助成を受けて運営される大会でもあります。

大会要綱はこちらからどうぞ

【中止】第22回八碁連棋聖大賞大会・第28回タイトル囲碁大会・第2回女性囲碁大会

第6波といわれるオミクロン感染者が増えています。理事の意見を聴取し協議した結果、1月16日の第22回棋聖大賞大会、2月6日の第28回タイトル囲碁大会、2月20日の第2回女性囲碁大会を中止することといたしました。コロナには抗うことは困難です。状況が改善すれば、次回は開催したいと願っています。八王子囲碁連盟会長  成田 滋

八碁連ニュース 2021年11月12日(NO.16) 傘寿を迎えられた会員

薔薇

晴れて傘寿を迎えられた皆様にお祝い申し上げます。もともと古代の中国では40歳から長寿のお祝いを催し、70歳 (古希) が本来の長寿であったとされます。アメリカでは60歳を迎えるとお祝いをする習慣があります。これを「ダイヤモンド記念日」と呼ばれています。今は平均寿命が延び、日本ではいろいろな節目に名前がついて長寿を祝うようになりました。皆さんは還暦、古希、喜寿を過ぎ傘寿を迎えられました。さらにこれからは米寿、卒寿が待っています。新たな節目を祝われるよう健康に留意されて、ますます囲碁をお楽しみください。 
八碁連会長 成田 滋