4~6月の活きいき大会は中止です


3月9日に「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」が発表した 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」をお読みになったことと察します。これによりますと、感染者数は、一時的な増減こそあれ、当面、増加傾向が続くとの見通しです。3月12日には世界保健機構(WHO)がこの感染症は全世界的な流行であるという「Pandemic」の宣言をしました。影響範囲が広く長期的な現象であるという意味のPandemicの過去の例には、黒死病、コレラ、ペスト、エイズなどがあります。

八王子囲碁連盟は今般の感染症対策の見解や見通しなどを基にして、3月22日の総会は延期となりました。現在、八王子市内の市民センターは東浅川保健福祉センターなどは集会には使えません。そのため同好会の定例会などを休止しています。4月から6月までの活きいき大会は中止です。引き続き感染症の事態を注視しつつ、今後の大会日程を決めることといたします。

4月11日、東京ではコロナウィルスの感染者が最多の197人となりました。緊急事態宣言や基本的対処方針をあざ笑うかのようです。    2020年4月11日

コメントを残す